遠藤秀幸法律事務所

顧問弁護士とは

顧問弁護士とは、簡単に言えばかかり付けの弁護士です。
通常であれば、相談するまでに日程の調整や費用の確認などいくつものやり取りしなければなりませんが、 顧問契約を結んでいればそういった手間をかけないスムーズな相談が可能です。
また、些細なことでも早期に弁護士に相談すれば、損失に繋がるトラブルになるのを未然に防ぎ、 中小企業や個人事業主の方がふと疑問に思ったことや、トラブルになりそうな案件に出くわした時の強い味方となります。

こんな悩み抱えてませんか?

 ・契約書のチェックなどは、社長や役員がしているが本当に大丈夫なのだろうか。

 ・取引先とのトラブルがあると会議を開いて対応しているが、その時間を他のことに使いたい。

 ・今までのトラブルはたまたま大事に至らず済んでいるが、もし大事に発展したらどうしよう。

 ・もし会社宛てに内容証明郵便などが届いたら、どう対応すればいいのか分からない。

 ・社内に潜在的な労働問題がないか心配・労働問題を改善したい。

顧問契約の内容

法律相談


契約書のチェック・契約の不利(損)を避ける


証書・公文書等の作成


訴訟対応


問題発生時に被害を最小限にとどめる


偏った経営判断の是正


費用について

詳しくはお問い合わせください。

法律相談 内容に関わらず
1時間 (基本単位)
5,400 円

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。 なお、金額は消費税(8%)を含む金額となります。

お問い合わせ・ご相談
TEL:042-750-2566
土日の相談も可能